デニス・クリストファーの現在がヤバい?ジャンゴの影響があったのか!?

Pocket

プロフィール

d0007144_13171460

名前 デニス・クリストファー

生年月日 1955年12月2日 60歳

出身地 アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア

職業 俳優

プロフィール

ペンシルベニア州フィラデルフィアにて生まれました。

家族構成は父親、3人の兄姉、母親はデニスが幼い頃に亡くなっています。

13歳の頃、教会付属の学校へ通っていたのですが演技への憧れがどんどん強くなり地方劇団の舞台公演へ出演するようになり俳優を目指すようになりました。





sponsord link

やがてハイスクールを中退して本格的に演技の勉強をするためにハリウッドへ旅立ちました。

俳優養成学校にてトレーニングを受けながら、テレビや映画の脇役で下積み時代を送りました。

その後、もっと演技の勉強がしたいとヨーロッパへ渡りました。
イタリア滞在中には憧れのフェデリコ・フェリーニの映画「フェリーニのローマ」
のオーディションを受け、見事合格し脇役ではありましたが役を獲得しました。

アメリカへ帰国後は、ブロードウェイで様々な舞台にも立ち、大学卒業後はTVドラマ共演者であったシェリー・デュバルの推薦を受けてロバート・アルトマン監督の映画「三人の女」「ウエディング」へ出演し徐々に知られていくことになります。

20代になってもティーンエイジ作品でのピュアな演技は変わらず、人気を得ます。
そして「ヤング・ゼネレーション」でアカデミー賞新人賞を受賞したことで見事スターの仲間入りを果たしました。

同時期に今まで青春映画に出演が多かったのですが終止符をうち、新たな境地へいくことになります。

1979年にはゴールデングローブ賞新人賞にもノミネートされています。

1980年「フェイドTOブラック」で狂気と化した映画マニアの青年を演じたことでカルト俳優としての地位を不動のものとしました。

ハリウッドのみならず、イギリス映画「炎のランナー」や日本映画の「戦場の小さな恋人たち」
など様々な国の映画にも出演し、90年代からはTVドラマゲストや舞台など活動の場は絞り始めましたが色んなキャラクターを演じ分けることのできる個性豊かな俳優の一人です。

近年では、もともとデニスの大ファンであったプロデューサーのイアン・サンダーからオファーを受けて、TVドラマ「プロファイラー/犯罪心理分析官」でジャックを演じたのですが素性不明の役柄のため、クレジット無し、公言禁止、その上外出までも禁止であったため視聴者がジャック探しをはじめたのも話題となりました!
クレジット無しは分かりますが、外出まで禁止という契約を結ぶなんてすごい徹底ぶりですね!!!




sponsord link

ジャンゴ?

2012年には、クエンティン・タランティーノ監督の19世紀奴隷制時代の西部映画「ジャンゴ 繋がれざる者」にてレオナルド・ディカプリオ演じる極悪非道な男、カルバン・キャンディの弁護士のレオ・モギー役にて出演しています。
puffer-9





sponsord link

 

一覧表へジャンプ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ