チャーリー・ホフハイマーの現在は?彼女がいるの?一番おすすめの映画も気になる!?

Pocket

プロフィール

puffer

チャーリー・ホフハイマーさんは、1981年4月17日生まれの現在34歳です。

米国ニューヨーク市ブルックリン出身、現在ニューヨーク在住、米国の俳優として活躍しています。

趣味は、野球、サッカー、ピアノ、乗馬、ホッケーです。

チャーリー・ホフハイマーさんは、1994年に制作されたテレビドラマ『名犬ラッシー』で俳優デビューしました。

その後も、さまざまなテレビドラマ、映画で活躍しています。





sponsord link

現在は?彼女は?

チャーリー・ホフハイマーの現在、チャーリー・ホフハイマーに彼女がいるのかについてですが、今回調べてみたのですが、わかりませんでした。

最近の映画やテレビドラマには出演していないようですし、彼女についての情報を探してのですが、どこにもなかったです。本当に申し訳ありません。

 

オススメ映画は?

米国の俳優・チャーリー・ホフハイマーさんは数多くのテレビドラマ、映画に出演していますが、代表的な映画出演作は、ロビン・ウィリアムズとビリー・クリスタルが主演した『ファーザーズ・デイ』(1997年11月8日公開)、メリル・ストリープが主演した『ミュージック・オブ・ハート』(2000年9月9日公開)、ジョシュ・ハートネットが主演した『ブラックホーク・ダウン』(2002年3月30日公開)です。

ここでは、以上の3作品について、ご紹介します。

まずは、ロビン・ウィリアムズとビリー・クリスタルが主演した『ファーザーズ・デイ』(1997年11月8日公開)

かつての恋人から息子の存在を知らされ、自分が父親かもしれないと告白された2人の中年男が、息子を探して旅に出るというロードムービー。

自分の息子かもしれないと思い、息子を捜し求める主演の2人の中年男を演じるのは、『ミセス・ダウト』のロビン・ウィリアムズと『彼と彼女の第2章』のビリー・クリスタル。

息子の母親役には、『ターミナル・ベロシティ』のナスターシャ・キンスキー。

そして、息子役を演じるのがチャーリー・ホフハイマーさんです。

なかなか重要な役どころです。





sponsord link

次に、メリル・ストリープが主演した『ミュージック・オブ・ハート』(2000年9月9日公開)

実話を元に映画化され、主人公のロベルタ・ガスパーリは実在の人物です。

夫の不倫が原因で別居し、実家に帰ってきた主人公のロベルタ・ガスパーリは、ヴァイオリンに確かな腕を持つことから、ニューヨークのハーレム地区のヴァイオリンの臨時教師となり、はじめは子供たちに苦戦したものの、ヴァイオリンを通して、次第に心を通わせていき、子供たちの成長とともに、自分自身も成長する姿を描いた物語です。

チャーリー・ホフハイマーさんは、メリル・ストリープさん演じる主人公・ロベルタ・ガスパーリの息子役を演じています。

最後に、ジョシュ・ハートネットが主演した『ブラックホーク・ダウン』(2002年3月30日公開)

1993年、泥沼化する内戦を終結させるため、米国はソマリアへ派兵したものの、内戦を収束させることができなかったため、敵対するアディード政権の本拠地である首都モガディシュへ特殊部隊を投入し、奇襲作戦は成功するはずだったが…

チャーリー・ホフハイマーさんは、ジェイミー・スミス伍長役を演じています。

チャーリー・ホフハイマーさんが出演されている映画の中で、私が一番おすすめしたいのは、『ファーザーズ・デイ』でしょうか。

ぜひDVDなどで観ていただけるとうれしいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。





sponsord link

 

一覧表へジャンプ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ