トム・ハンクスがターミナルのあらすじを変えた?映画でおすすめは?最新作も気になる!?

Pocket

プロフィール

N0017995_l

名前 トム・ハンクス

生年月日 1956年7月9日 59歳

出身地 アメリカ合衆国カリフォルニア州コンコード

職業 俳優、プロデューサー、監督、脚本家

配偶者 サマンサ・ルイス(1978-1987)
     リタ・ウィルソン(1988-)

幼い頃に両親が離婚していて父親に育てられました。

高校時代から演技をして舞台にたっており、カリ フォルニア州立大学に入学後
演出家のヴィンセント・ダブリングに見初められて、シェイクスピア劇団に入団しました。

その後、ニューヨークへ渡ってTVや舞台など様々な経験を積みTVシリーズの
「ハッピー・デイズ」へゲスト出演したことがきっかけで、ロン・ハワード監督と
知り合い、84年に「スプラッシュ」で主演に抜擢されました。

その後も確実な演技力で人気を上げていき、88年「ビッグ」でアカデミー賞主演男優賞に
ノミネートされ、93年「フィラデルフィア」で同主演男優賞に輝きました。

翌94年にも「フォレスト・ガンプ/一期一会」で同賞を受賞し、史上二人目の2年連続主演
男優賞受賞とな りました。

私生活では、78年にサマンサ・ルイスと結婚しており二児をもうけましたが87年に離婚、その時の長男コリンは後に俳優となっています。

その後88年に映画共演で知り合った女優リタ・ウィルソンと結婚し、90年に男の子が生まれました。





sponsord link

ターミナル

puffer-10

トム・ハンクス主演のターミナルについて・・・・

この映画については、トム・ハンクスが話の内容を変えたという事実はみつかりませんでした。

このの映画は中東出身の男性がフランスの空港で祖国へ帰れなくなっ たという本当にあった出来事をもとに製作されているようです。

ちなみにこの中東出身の男性は今もフランスの空港に住みつづけていているそうで、「ターミナル」の他にも映画「パリ空港の人々」でもこの男性を題材にしてつくられているようです。





sponsord link

オススメ映画は

puffer-20

オススメの映画は・・・

おすすめはたくさんあるのですが、「ダヴィンチ・コード」など面白いのではないでしょうか!

サスペンス小説の「ロバート・ラングドン」シリーズ第一作目ですでトム・ハンクスはこの作品で主人公のラングドンを演じてます。

ラングドンはハー バード大学で宗教象徴学を教えている教授で、フランスのルーブル美術館で起こった事件をめぐって暗号を解読していきながら事件を解決していくというストーリーです。

是非、ご覧ください!

 

最新映画

puffer-17

最新映画は・・・

1月8日から公開となった「ブリッジ・オブ・スパイ」です。

スティーブン・スピルバーグ監督による実話をもとにした映画でトム・ハンクス演じる弁護士のジェームス・B・ドノバンがアメリカで逮捕されたソビエトのスパイとソ連領空で撃墜された逮捕アメリカのパイロットを秘密裏に交換するというミッションに挑む姿を実 話をもとに描いた作品です。

映画の初日満足度ランキングでもトップに輝いていて気になる作品です!





sponsord link

 

一覧表へジャンプ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ