パク・クァンヒョンの日本語がヤバすぎ?ミュージカルやドラマでも影響してしまうのか!?

Pocket

プロフィール

puffer-3

生年月日:1977年10月11日(38歳)

出身地:韓国ソウル市

身長:177cm

体重:67kg

血液型:AB型

特技:サッカー、スキー、スノーボード、ゴルフ

関東大学校大学院修士

1997年、韓国SBSトップタレント選抜大会で金賞を受賞し、芸能界デビュー。

2000年に『学校3』(KBS)、『メディカルセンター』(SBS)に立て続けに出演し、俳優として活動を始めます。

2004年に出演した『あんぱん』(MBC)が40%を超える高視聴率を記録し大ブレイクするなど活躍し、 その後も韓国版朝ドラ『ピンクのリップスティック』(2010年、MBC)に主演するなど、多くのドラマに出演しています。

その他の出演作品は『輝ける彼女』(2012年、KBS)、『輝くロマンス』(2013年、MBC)など。

私生活では、2014年12月に2歳年下の一般人女性と結婚しています。





sponsord link

日本語は?

パク・クァンヒョンの日本語がヤバすぎ?

パク・クァンヒョンさんは、俳優としてだけでなく、歌手としても活躍しています。

2002年にアルバム『鼻笑』で歌手としてデビューし、35万枚の売上を記録して、大ヒットしました。

そんなパク・クァンヒョンさんは、韓国人芸能人の多くがそうするように、日本に進出しています。

2011年5月11日にデビュー曲『Dear…』を引っさげて、日本メジャーデビューを果たしました。

この『Dear…』という曲は、2010年6月30日に他界したパク・ヨンハさんのヒット曲『永遠』の作曲家が手掛けています。

パク・ヨンハさんは、パク・クァンヒョンさんの親友であり、親愛なる人へ捧げた鎮魂歌(レクイエム)として、歌われています。

そして、パク・クァンヒョンさんは、日本メジャーデビューを記念したイベントに出席するために来日しました。

そのイベントに登壇したときの日本語、いくつかのインタビューに応じたときの日本語がヤバかったのです。

何がヤバかったのかというと、パク・クァンヒョンさんの日本語がめちゃくちゃ流暢すぎてヤバかったのです。

日本でのインタビューは、通訳なしで行われ、すべて日本語で行われました。にもかかわらず、パク・クァンヒョンさんは難なく、日本語でのインタビューに日本語で答えていたのです。

どうしてそんなに日本語が上手いのか、インタビュアーが質問すると、日本語学校で3か月間勉強していたそうです。

また、普段からマネージャーやヘアメイクさんと日本語で会話をしているんだそうです。

俳優としての仕事が多忙な中で、よく日本語が喋れるようになりましたよね。尊敬します。





sponsord link

影響は?

puffer-5

ミュージカルやドラマでも影響してしまうのか!?

パク・クァンヒョンさんはミュージカルやドラマで、日本語を使用する役というのはやったことがないと思います。

だから、実際に日本語を使用する役をやってみないとわからないかもしれないです。

 

いかがでしたでしょうか。

パク・クァンヒョンさんのプロフィール、日本語について、調べた結果をご紹介しました。

パク・クァンヒョンさんは、日本のドラマにはおそらく出演したことがないと思いますので、日本語を活かした仕事をしてくれることを期待しています。





sponsord link

 

一覧表へジャンプ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ