クリストファー・ランバートの画像がやばい?ベオウルフよりNCISの方が気になる!?

Pocket

プロフィール

256px-Christophe_Lambert_Cabourg_2012

名前 クリストファー・ランバート

生年月日 1957年3月29日 58歳

出身地 アメリカ合衆国ニューヨーク州ロングアイランドグレート・ネック

国籍 フランス

職業 俳優

配偶者 ダイアン・レイン(1988-1994)
Jaimyse Haft(1999-2006)

国連の外交官であった父親の勤務先であったアメリカで生まれましたがその後、スイスに移り住み16歳でフランスのパリに移りました。

フランスでは父親に無理矢理フランスの軍隊へ入隊させられました。

その後、除隊しロンドン証券取引所に就職しましたがすぐに退職してしまい12歳の頃に体験した演劇がきっかけとなりパリ国立高等音楽・舞踊学校に入学し演技の道に進むことになりましたがそこでも3年で除籍となってしまいま
した。

しかし、1980年頃から徐々に映画やテレビの脇役で出演するようになりいくつもの作品での脇役を経験し、1984年の「グレイストーク~類人猿の王~ターザンの伝説」の主演に見事 大抜擢されました。
この作品で野性的なルックスと目力で強い印象を残しました。

しかしこの強い目力はなんとクリストファー・ランバートが強い近視であったためだといわれています。

puffer-4





sponsord link

1985年には主演映画「サブウェイ」で第11回セザール賞の最優秀男優賞を受賞しました。

私生活では撮影で知り合った女優のダイアン・レインと交際し一度破局しますが2年後に再会をはたし1988年結婚し、1993年に娘のエレノアが誕生しましたが、1994年に離婚しています。

その後、1999年に女優のJaimyse Haftと再婚しましたがこちらも2006年に離婚にいたっています。

離婚の翌年2007年からは女優のソフィー・マルソーと交際しています。





sponsord link

 

人気なのは?

「ベオウルフ」より「NCIS」のほうが人気?

「ベオウルフ」のあらすじは、囚われた人々が魔物の餌食になっているの助けるために、その魔物を退治する運命にある戦士ベオウルフ(クリストファー・ランバート)が登場するのですが、なぜかなかなか魔物を倒さない為囚われている人々がどんどん餌食になっていく上、途中で登場してきた女性と恋仲になりますます魔物を倒すのが疎かになっていくという観る人がとってもツッコミたくなるようなツッコミどころ満載の珍作品のようです。

beo02

 

「NCIS:LA」は極秘潜入捜査班が舞台になっているドラマで、「NCIS~ネイビー犯罪捜査班」のスピンオフとして制作されたテレビドラマシリーズになります。

Ascension

そこでクリストファー・ランバートは敵役のギャング組織のボスとしてシーズン3とシーズン4に登場しています。

放送期間も2009年から現在までシリーズとして続いています。

日本では2010年12月より放送が開始されました。

何年も続いているシリーズものという事で人気はとてもあるようです!





sponsord link

一覧表へジャンプ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ