キーファー・サザーランドは親子で菊地凛子のファンだったのか?牛との関係も気になる!?

Pocket

プロフィール

puffer-7

キーファー・サザーランド(フルネーム:キーファー・ウィリアム・フレデリック・デンプシー・ジョージ・ルーファス・サザーランド)さんは、1966年12月21日生まれの現在49歳、イギリス・ロンドンで生まれ、カナダ・トロント育ちのカナダ国籍の俳優です。

子役としてテレビ出演していましたが、1983年に映画デビューしました。

1986年に米国で公開された『スタンド・バイ・ミー』に出演し、一躍注目を浴びましたが、その後はヒット作に恵まれず、不遇な時代が続きました。

1998年に公開された映画『ダークシティ』で重要な役を演じ、人気を得ると、2001年にシーズン1のテレビ放送が開始され、2014年まで続くことになるテレビドラマ『24 -TWENTY FOUR-』の主人公ジャック・バウアー役を演じ、大ブレイクを果たしました。

日本でも一大ブームとなり、レンタルビデオ店に『24 -TWENTY FOUR-』目当てで行列ができるほどでした。

現在では、プロデューサーとしても活躍しており、2012年に放送された『TOUCH/タッチ』のように、製作や監督を手掛けつつ、主演を務めたりもしています。





sponsord link

菊地凛子との関係

puffer-8

キーファー・サザーランドさんの父は、俳優・ドナルド・サザーランドさんであり、アカデミー賞4部門を受賞した『普通の人々』(1980年公開)に出演するなど名脇役で知られています。

Premiere Event For "Dirty Sexy Money" - Arrivals

キーファー・サザーランドさんは、ドナルド・サザーランドさんと、2人目の妻である女優シャーリー・ダグラスさんとの間に生まれた子供です。

キーファー・サザーランドさんには、双子の妹さんがいるそうです。

父のドナルド・サザーランドさんは、息子さんが主演の『24 -TWENTY FOUR-』をとても楽しみにしていたそうで、息子さんが少しでもネタバレしそうとしようものなら、本気でキレていたそうです。

私が調べた限り、キーファー・サザーランドさん親子が菊池凛乎さんのファンだったのかどうかはわかりませんでした。





sponsord link

牛との関係

puffer-10

キーファー・サザーランドさんと牛との関係ですが、キーファー・サザーランドさんは、2010年にある事件に巻き込まれた過去があります。

ある事件とは、牛への投資詐欺です。

キーファー・サザーランドさんは、フィナンシャル・アドバイザーの紹介で投資することを決めたそうで、メキシコで牛を購入して、米国で売却することによって、大きな利益を得るという内容だったそうです。

牛への投資詐欺をした人物は、メキシコで牛を購入した記録はなく、被害者が他にもいて、犯人は逮捕されたそうです。

キーファー・サザーランドさんの投資被害額は、86万9000ドル(約7820万円)だったそうです。

キーファー・サザーランドさんの更なる活躍を期待しています。





sponsord link

 

一覧表へジャンプ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ