ヴィゴ・モーテンセンとオーランド・ブルームに何が?彼女の影響でタトゥーが変わった!?

Pocket

プロフィール

puffer

ヴィゴ・モーテンセンさんといえば、2001年から2003年まで毎年、『旅の仲間』『二つの塔』『王の帰還』と公開され、世界的大ヒットを記録した映画『ロード・オブ・ザ・リング』三部作のアラゴルン役を演じて、飛躍的に知名度を上げると同時に、高い評価を得ることとなった米国を代表する俳優さんです。

そんなヴィゴ・モーテンセンさんは、1958年10月20日生まれの現在57歳で、ニューヨーク州マンハッタン生まれの米国人俳優です。

1982年に舞台デビューし、1984年には『George Washington』でテレビドラマデビューして、1985年、『刑事ジョン・ブック 目撃者』で映画デビューを果たしました。

1991年に公開されたショーン・ペン初監督作品の映画『インディアン・ランナー』でベトナム戦争で精神を病んでしまった帰還兵を見事に演じ、注目を浴びましたが、大ブレイクするには、映画『ロード・オブ・ザ・リング』三部作まで待たなければなりませんでした。





sponsord link

オーランドとの関係

puffer-2

ヴィゴ・モーテンセンとオーランド・ブルームに何が?

米国人俳優・ヴィゴ・モーテンセンさんと英国人俳優・オーランド・ブルームさんは、映画『ロード・オブ・ザ・リング』三部作で共演している仲です。

この2人の間に何があったのか?

調べてみると、オーランド・ブルームさんが、ヴィゴ・モーテンセンさんの頬にキスしている動画を見つけることができました。

まあ、でも外国人だったら、このくらいのキスはするよなっていうレベルですね。





sponsord link

彼女は?

彼女の影響でタトゥーが変わった!?

ヴィゴ・モーテンセンさんは、1987年、映画『T.V.サルベーション』で共演したパンクバンドXのヴォーカリストで、2歳年上のエクシーン・セルベンカさんと結婚して、翌年1月に息子のヘンリー・ブレイクさんが生まれています。

そして、ヴィゴ・モーテンセンさんは、家族3人を表すタトゥーを自らの体に刻み込んでいます。

しかし、ヴィゴ・モーテンセンさん夫妻は、約11年後の1998年に離婚してしまいます。

現在、ヴィゴ・モーテンセンさんの体には、左腕に元妻Exene、息子Henry、自分Viggoの頭文字を組み合わせたマークのタトゥー、左肩に旅をした仲間9名で彫ったお揃いの「9」を意味する文字のタトゥー、右手首に幼かった息子が書いた自分の名前の頭文字「H」のタトゥーなど数多くのタトゥーが刻まれています。

ヴィゴ・モーテンセンさんは、離婚後は独身を通していますが、つきあっている女性はいたようです。

1人目は、2000年から2003年頃まで交際していた画家ジュリアン・シュナーベルの娘さんで芸術家のローラさんです。

2人目は、2009年からつきあいはじめたスペイン人女優のアリアドナ・ジルさんですが、その後どうなったのかは、わかりませんでした。

彼女の影響でタトゥーが変わったかどうかですが、それもわかりませんでした。

ヴィゴ・モーテンセンさんにおかれましては、これからもたくさんの映画で活躍して、私たちを楽しませてほしいと思います。





sponsord link

 

一覧表へジャンプ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ