マット・シュルツがトランスポーターでやらかした?wikiの情報も気になる!?

Pocket

プロフィール

i320

マット・シュルツさんは、1972年7月3日生まれの現在43歳で、米国ミズーリ州セントルイス出身、身長185cmのミュージシャンであり、米国人俳優です。

16歳から音楽研究所でギターを学び始め、21歳になるとリーバイスモードのモデルを務め、26歳の時にはミュージシャンになろうとロサンゼルスに向かいましたが、1998年公開されたウェズリー・スナイプス主演の映画『ブレイド』で映画初出演し、テレビドラマにも出演するなど、俳優として活躍しました。

2001年公開の『ワイルド・スピード』、2002年に公開された『トランスポーター』、2004年公開の「トルク」などに出演した他、多くの映画、ドラマなどでも活躍しています。





sponsord link

トランスポーター

puffer-2

マット・シュルツさんは、多くの映画やドラマに出演していますが、残念ながら脇役が多いです。

そんなマット・シュルツさんが出演した映画の中でも、なかなか重要な役どころを演じているのが、映画『トランスポーター』です。

映画『トランスポーター』は、フランスと米国のカーアクション映画で、フランスの巨匠・リュック・ベッソンさんが製作・脚本を担当し、主演を英国人俳優・ジェイソン・ステイサムさんが務めています。

映画名「トランスポーター」は、「運び屋」という意味です。文字どおり、主演のジェイソン・ステイサムさん演じるフランク・マーティンは、南仏に住むプロの運び屋です。フランク・マーティンは元英国空軍のパイロットで、既に退役しているというが…

契約を厳守し、質問はせず、依頼品は開けないという契約上のルールを守り、高額報酬を得て、危険かつやばい依頼品を目的地へと運ぶのが仕事で、時には警察に追われ、時にはド派手なカーアクションを繰り広げながら、目的地を目指します。

このジェイソン・ステイサムさん演じる主人公フランク・マーティンの仕事を邪魔する悪役・ウォール・ストリートを演じているのがマット・シュルツさんです。

あくまで主人公フランク・マーティンの引き立て役なので、あっさり負けてしまうのですが。





sponsord link

wikiでは?

米国人俳優・マット・シュルツさんのwikiの情報も気になる!?ということですが、マット・シュルツさんのウィキペディアの情報を調べてみましたが、通常の有名人のウィキペディアの情報と比べると、最低限の情報しか掲載されていません。

これは、マット・シュルツさんは、多くの映画やドラマで脇役として出演することが多いので、それほど知名度が高いわけではないからですね。

いかがでしたでしょうか。

マット・シュルツさんのこれからのご活躍を期待しています。





sponsord link

一覧表へジャンプ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ