ソフィー・マルソーの現在がヤバい?ラブームの影響か?映画も気になる!?

Pocket

プロフィール

puffer-1

名前 ソフィー・マルソー

生年月日 1966年11月17日 49歳

出身地 フランス

職業 女優

配偶者 アンジェイ・ズラウスキー(1995-2001)

13歳の時に受けたオーディションで数百人の中から選ばれ「ラ・ブーム」の主役に抜擢されデビューし一躍トップアイドルとなりました。
その後「ラ・ブーム2」でセザール賞最優秀新人賞を受賞し、これまでは清純な役が多かったのですがその後は1985年「狂気の愛」や「ソフィー・マルソーの愛、革命に生きて」などロマンチック映画などの出演が多くなりロマンチック女優として知られています。

1991年には舞台にも挑戦しモリエール賞の最優秀新人女優賞を受賞するなど舞台でも活躍を見せ、1993年のコメディ映画「恋人たちのアパルトマン」や1994年の「ソフィー・マルソーの三銃士」はヨーロッパのみならず世界各国で人気を博したのでした。

これまではヨーロッパでの活躍が目立っていたのですが、英語圏へ進出も果たし英米で知られることになったのは1995年メル・ギブソン監督の「ブレイブハート」でイザベラ女王を演じたのがきっかけで1999年には悪役のボンドガールであるエレクトラ・キングを「007 ワールド・イズ・ノット・イナフ」で演じるなど英語圏でも
成功を収めています。

私生活では、17年間にわたって26歳年上の映画監督のアンジェイ・ズラウスキと共同生活し、1995年には息子をもうけましたが2001年に離別していてその後すぐにプロデューサーのジム・レムリーと同居を開始し翌年に娘を出産していますが、2007年以降はクリストフ・ランベールと恋人関係にあることがわかっています。





sponsord link

現在は?

puffer-2

ソフィー・マルソーの現在は・・・?

現在49歳のソフィー・マルソーですがとても素敵な年の取り方をしているのです。
13歳の時に主演した「ラ・ブーム」ではとても可愛らしい雰囲気の女の子たっだ彼女ですが、
年を重ね、母親にもなった彼女の現在は昔の面影はそのままで少し女性らしさが増しとっても素敵な女性へと変わっていました。
女優さんといえども年月を重ねるとやはり老け込んでしまったりするものですが彼女はとても充実した人生を歩んできたのかわかりませんが、こんな年の重ねかたも誰もが憧れるにちがいありませんね!!!





sponsord link

おすすめ映画

彼女のおすすめ映画は・・・?

やっぱりソフィー・マルソーで見逃せない映画といえば「ラ・ブーム」ではないでしょうか?
主人公の13歳の女の子がちょっぴり大人になっていく過程を描いた青春映画そのものでヒロインのソフィー・マルソーのあか抜けない感じが初々しくて可愛く、男の子とのダンスシーンも見ているだけで何だか見ているこっちがドキドキしちゃうような映画になっているので久しぶりに昔の青春時代を思い出したい方などみてみるのもイイのではないでしょうか!!!





sponsord link
一覧表へジャンプ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ