クリスピン・グローヴァーの身長が相当ヤバイ?画像を見たらびっくりしてしまう!?

Pocket

プロフィール

オリジナル

本名 クリスピン・ヘリオン・グローヴァー

生年月日 1964年4月20日 51歳
出身地 アメリカ合衆国 ニューヨーク州
職業 俳優・映画監督

 

1964年にニューヨークにて誕生。
5歳のときにはロサンゼルスに移り住んだ。
父親は俳優のブルース・グローヴァーであるため、幼い頃から俳優を目指していた。

13歳の時に芸能界に入り、主にテレビドラマ中心で「ファミリー・タイズ」や「ハッピー・デイズ」などのシットコムやテレビドラマに出演していた。





sponsord link

 

その後、テレビから映画業界へと活動を移した。
数本の映画に出演した後、1985年に大ヒットした「バック・トゥー・ザ・フューチャー」で負け犬のジョージ・マクフライ役を演じて注目された。

 

後の続編で出演を依頼されたが彼は出演を断った。
しかし、制作側は無断でパート1の映像と老けメイクの宣材写真を流用した。
この出来事に対してクリスピン・グローヴァーは無許可で自身の肖像を使用したとして訴訟をおこしたが、のちに示談で解決している。
この事がきっかけで俳優のイメージ使用に関して新しくガイドラインができた。

ハリウッドきっての変わり者ということも世間では有名で1980年代以降にデヴィッド・レターマンが司会を務める人気番組
「デヴィッド・レターマン・ショー」へゲスト出演した際は明らかに時代遅れの変装と挙動不審な言動のキャラクターでのレターマンとのトークも噛み合わず、力自慢の話でヒートアップして自分の強さをアピールするあまりレターマンの頭に向かって空振りキックまで披露した。
あたりはしなかったがこの事がレターマンの逆鱗に触れ、まだ番組コーナーの時間があるにもかかわらず別のコーナーへ移ってしまい、CM中にスタジオをつまみだされてしまったことがある。
だが、その変わったキャラクターが人気になり再度、番組へゲスト出演している。

 

作家でもあり‟Rat Catching”と‟Oak-Mot”という本を出版している。
また、ミュージシャンとしても活躍しておりとても多才である。

近年では、「IT三部作」と称する自主制作の過激なアート映画を制作中。
「ビッグ・スライドショー」とい方式(自身の小説作品を朗読しながらスライド映写し、映画上映、Q&A、本へのサイン会という構成)での各地巡業方式でのみ上映しており、ソフト化も行っていない。

 

2008年のカナザワ映画祭に出席するため来日し、同方法で「IT三部作」の2作品が公開された。
来日は初めてではなく、2000年に「チャーリーズ・エンジェル」ではプロモーションで出演者のルーシー・リューやドリュー・バリモアとともに来日している。
なおこの作品では、‟痩せ男”という個性的な役柄であった。

 

2007年に出演したパロディ映画の「鉄板英雄伝説」では「チャーリーとチョコレート工場」に登場するウィリー・ワンカのパロディ版
‟ウィリー”役で登場。
後に、「アリス・イン・ワンダーランド」で本家の監督であるティム・バートンに起用されて、本家ワンカ役のジョニー・デップと共演を果たした。
同作品ではハートのジャックを演じている。

 

交友関係では

ヴェルナー・ヘルツォーク

デヴィッド・リンチ

ダニエル・クロウズと親交が深いという。

 

《主な作品》

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」

「ギルバート・グレイプ」

「デッドマン」

「チャーリーズ・エンジェル」





sponsord link

 

身長は?

身長については185㎝と身長は高いのですが、
細身のせいかもっと高く見えるように思います。
とくに、2000年の「チャーリーズ・エンジェル」に出演の際、痩せ男というヒョロっとした痩せこけた男を演じた時の映像や写真は余計に背の高さが目立ったように思いました。
あの映画では、顔が青白く女性の髪の毛に異常なほど興奮したり、執拗にエンジェルたちを付け回すという不気味な役柄を演じています。





sponsord link

 

一覧表へジャンプ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ