ジョナサン・リース・マイヤーズがスターウォーズでやらかした?彼女との関係とは?身長も気になる!?

Pocket

プロフィール

puffer-14

ジョナサン・リース=マイヤーズ(Jonathan Rhys-Meyers)は、アイルランドの俳優。

1977年7月27日アイルランドのダブリンで生まれ、その後コークで育ちました。

重い心臓病を持って生まれたため、生後の数か月を病院で過ごしています。

幼い時に父親が2人の弟を連れて家を出てしまい、その後、母親はアルコールに溺れて子育てを放棄、ジョナサンは孤児院に引き取られました。
出生時の名前はジョナサン・マイケル・フランシス・オキーフ(Jonathan Michael Francis O’Keeffe)で、芸名のマイヤーズは母親の旧姓がつけられています。
問題児であったために、15歳で学校を退学。その後、生きていくため万引きや、お金もないのに賭け事などを繰り返すようになります。

プール・バーでたむろしていた頃、今のマネージャーであるクリストファー・クロフツ氏に見出され「草原とボタン」の映画のオーディションを受けることを勧められます。

生きていく手段として役者への道へ挑むことになったジョナサンでしたが、オーデションには落選。

その後も、多くのオーデションの落選が続き、役者になることを諦めようとしましたが、クリストファー氏の励ましもあり、挑戦を続けます。
その後、テレビCMに選考され、ついに初仕事を得ることとなります。

これが足がかりとなり

1994年に『マン・オブ・ノー・インポータンス』で映画デビューを果たしました。

立て続けに『he Disappearance of Finbar』 の主役『La lengua asesina』の出演が決まり、さらに1996年『マイケル・コリンズ』では、監督から「主役ではないが、極めて重要な役柄」として、暗殺者役を割り当てられました。

そのスクリーンでの印象が話題となり、1998年の『ベルベット・ゴールドマイン』でも注目を集めることになりました。

2005年にはテレビ映画『ELVIS エルヴィス』でエルビス・プレスリーを演じ、ゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞。

2007年には『THE TUDORS〜背徳の王冠〜』でヘンリー8世を演じ、同賞にノミネートされています。
端正なルックスに、その生い立ちからか、どことなく冷たい眼差しながらも美しく青い瞳の持ち主であるジョナサンは、2006年・2007年にヴェルサーチの広告モデルをつとめました。

また、2005年からヒューゴ・ボスの香水のイメージモデルになるなど、モデルとしても活躍しています。

身長178cm。

疑惑などもなく普通にプロフィールに載せられています。

特に、サバを読んでいる感じもありません。
個性派俳優であるジョナサンは「シャドウハンター 骨の街」やドラキュラを題材にした作品など、クセのある役柄での出演が続いていました。





sponsord link

スターウォーズ?

そんなジョナサン・リース=マイヤーズが、スターウオーズ エピソードⅦに出演する可能性が出ていました。
トム・クルーズ主演の「ミッションインポッシブル」で、エイブラムス監督とはタッグを組んだ経験がありましたが、マーク・ハミル、キャリー・フィッシャー、ハリソン・フォードなどのオリジナルキャストの出演は決まっているものの、監督はジョナサン・リース・マイヤーズを起用したがっているとの噂。
ところが、2005年、2007年、2009年とアルコール中毒の治療のために、3度も有名なリハビリ施設に入所しています。

2007年11月には、ダブリンの空港スタッフに酔っ払って絡み、警察に逮捕されました。

2010年5月には搭乗前に泥酔して粗暴なふるまいをしたため、ユナイテッド航空機に搭乗拒否されています。

2011年には薬物摂取による自殺未遂報道・アルコール中毒の再発の報道がありましたが、関係者は否定しています。
育児放棄をしたとされている母親ですが、ジョナサンは芸名に母親の旧姓「マイヤーズ」を使い母の為にコークに家を購入したりと、関係は良好でした。

2007年に50歳の若さで母親が脳卒中により突然亡くなりました。

アルコール依存症が発覚、リハビリ施設を入退院していたジョナサンは、母親の死以降、アルコールにより立て続けに問題を起こすようになりました。





sponsord link

彼女は?

2013年「誰にも手がつけられないほど荒れていた」と語っていたジョナサンでしたが、映画プロデューサーのマーラ・レーンと出会い、婚約を発表しました。

2人は交際をスタートしてからすぐに真剣交際に発展したようで、出会いから約1年での婚約となりました。

お互いにとても愛し合っていて、お互いを補充し合える仲だと報じられています。
ジョナサンは、体調もよく幸せで、周囲の助けにより人生を立て直す事が出来たと感謝しています。

このまま完全にアルコール依存症などを克服、役者としても更なる躍進を、と願っているファンも多いと思います。

puffer-15





sponsord link

 

一覧表へジャンプ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ