チャン・グンソクの彼女が2016年になって変わってた?現在は日本にいるって本当!?

Pocket

プロフィール

puffer-1

出身地:韓国ソウル市

身長:182cm

体重:62kg

血液型:A型

所属事務所:ツリージェイカンパニー

5歳の時、子供服カタログのモデルとしてデビューし、その後子役として活躍しました。

2001年、歌手のBoAと共演した韓国の大手通信会社のテレビCMで話題を集めます。

ラジオのDJ、テレビ番組の司会を務めるなど人気を集め、俳優、歌手として活躍します。

2006年には、日本のホラー映画『着信アリ Final』に出演しています。

日本では、2010年11月15日にチャン・グンソク ジャパン オフィシャルウェブサイトを開設しました。

2011年4月27日には、日本で歌手デビューを果たし、デビューシングル『Let me cry』は、オリコン週間シングルランキング初登場第1位を獲得しました。

海外アーティストのデビュー曲がオリコン初登場第1位を獲得したのは史上初のことです。

その年の10,11月には、全国5か所でアリーナツアー公演を行いました。





sponsord link

彼女は?

チャン・グンソクさんには、これまで7,8人の熱愛報道があったようです。

その多くは、映画やドラマの中で、恋人関係を演じた韓国人の女優さんが多いようです。

しかし、これらの熱愛報道後、チャン・グンソクの所属事務所、相手側ともに否定するケースが多く、実際恋愛関係にあったかは、確証がありません。

また、熱愛報道があった女性の中には、日本で有名な人物もいます。

歌手のBoAさんと元フィギュアスケート選手のキム・ヨナさんです。

puffer-2

チャン・グンソクさんとBoAさんは2001年に韓国の大手通信会社のテレビCMで共演したことから、熱愛報道されたようです。

01_BoA_LookBook_C_Standard_[CD_eizoku]H14_151027_2

2人は友人として仲が良かったようですが、熱愛報道をきっかけに疎遠になってしまったということです。

一方、元フィギュアスケート選手のキム・ヨナさんといえば、浅田真央さんのライバルとしてしのぎを削り、素晴らしい演技を繰り広げて、見る者を魅了しました。

でもチャン・グンソクさんとキム・ヨナさんの熱愛報道はまったくの事実無根だったようです。

2人とも、会ったことがないと熱愛を否定しています。

そして、これまでの熱愛報道とは違い、間違いないのでないかと思わせるような報道が、女性週刊誌『女性セブン』によって、もたらされました。2014年8月のことです。

チャン・グンソクさんのお相手は、アパレルのネット販売会社社長の34歳(2014年当時)の女性です。

2014年当時チャン・グンソクさんは26歳でしたから、8歳年上の女性ということになります。

しかも、彼女の両親も資産家だそうです。

2人は2012年の春頃、知人の紹介で知り合い、趣味が合うなど意気投合したようです。

チャン・グンソクさんのSNSの写真に彼女が写っていることもたびたびあったようで、2013年の4月頃に正式にお付き合いを始めたそうです。

チャン・グンソクさんは、「結婚するかもしれない」とも語っていたそうです。

しかし、2016年2月現在、チャン・グンソクさんが結婚したという報道はなく、2016年になってチャン・グンソクさんの彼女が変わっている可能性もあります。





sponsord link

現在は?

2015年1月、脱税疑惑が浮上し、韓国のテレビ番組『三食ごはん 漁村編』を降板したチャン・グンソクさんでしたが、2016年に入って、テレビの仕事を再開したようです。

LAWBCfs

2016年に入ってからのチャン・グンソクの動向を調べてみると、2月12日付けの『楽天WOMAN』にチャン・グンソクさんのことが取り上げられていました。

それによると、韓国のエンターテインメントチャンネルMnetで放送中のオーディション番組『PRODUCE 101』が4月8日(金)から日本で初めて放送されることが決まったそうです。

この番組は、デビューを目指している101名の少女たちが、次世代ガールズグループとしてデビューするために、過酷なオーディションを争う姿を描きます。

この番組の中で、チャン・グンソクさんはメインプロデューサーを務めています。

チャン・グンソクさんは現在日本にいるのではなく、4月8日(金)から日本に上陸するということです。

以前より、韓国でも日本でも人気に陰りがで出てきているようにも思われるチャン・グンソクさんですが、これからの活躍を期待しています。





sponsord link

 

一覧表へジャンプ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ